ビストロ酒場はダイニングバーなのか

ビストロ酒場はダイニングバーなのか

いまレストランはその形態が非常に多様になっています。以前だと名前を聞けばそれがどのような種類の店か分かったのですが、いまではそうはいきません。例えばレストランバーだとか、ダイニングバー、それに最近よく聞くビストロ酒場、さらには「バル」と名のるレストラン風の店もあります。したがって名前だけ聞いてもその店がどんな種類の店であるのかよく分かりません。でもさいわい今では豊富なネット情報がありますから、行く前にそれでよく内容を確かめることができます。

 

美羽

 

では肝心の「ビストロ酒場」というのはどういった種類の店に属するのでしょうか。【ビストロ酒場は気軽にフレンチとワインが楽しめる店】上に挙げた4つの形態の店ですが、まずレストランバーとダイニングバーはだいたい同じような形態の店で、特定の料理やお酒でなく、あらゆるお酒や料理が楽しめる店ではないでしょうか。

 

美しょう

 

そして最近よく見る「バル」という店ですが、これは「バル」がスペイン語であるように、スペイン風のレストランバーです。次に「ビストロ酒場」ですが、これはフランス語と日本語をあわせて表現しているところになんとなく親しみやすさを感じます。

 

個室居酒屋・美味門 八重洲店

 

つまり小さな大衆的なレストランという意味のビストロ、それにいかにも大衆的な、「酒場」という日本語を合わせています。したがって「ビストロ酒場」というのは、”大衆的なフランス料理とワインの店”と理解するのがいちばん適当なのではないでしょうか。特に高級感のあるフレンチレストランに対して、庶民性をアピールしているのがこの店の大きな特徴なのではないでしょうか。